愛知県一宮市のシークペットクリニック

腫瘍の治療について
シークペットクリニック トップ > 腫瘍の治療について
おすすめ情報
  • 腫瘍の治療について
  • その他の診療
  • トリミング
  • 酸素カプセル
  • アニマルドック

腫瘍(がん)の診療について

当院に於いては「がん」診療を腫瘍認定医の下に受けられます

腫瘍(がん)

自分の飼っているワンちゃん、ネコちゃんが「がん」と聞くとオーナーのみなさんは「もう治らない」「すぐに死んでしまう」とかなり落胆されてしまいがちです。
そこで治療も諦めてしまう方々も多くいらしゃいます。
しかし、「がん」には治るものもあります。治らなくても「がん」とうまく共存させてあげることによって普段の生活に支障が無く、ワンちゃんネコちゃん達が普通に暮らしていけることもあります。
私達は「がん」のより適切な診察、診断を心がけ、オーナー様と協力しあって押し付けではない、よりよい治療を一緒に模索していきます。
「しこり」や「おでき」をみつけた、また獣医さんに「がん」と言われた、「がん」ではないかと疑っている。
そんな時には一度当院にご相談下さい。

アポクリ腺癌

アポクリ腺癌

甲状腺癌

甲状腺癌

腫瘍診察の流れ

大きくなっていく「できもの」、「しこり」の中には腫瘍と呼ばれるものがあります。
その中でより悪いものが悪性腫瘍(がん)と呼ばれています。

当院の腫瘍の診察には、その「できもの」の大きさ、位置、いつから大きくなったのか?等を把握し、レントゲン検査やエコー検査を行い、その「できもの」の状態を確認します。
また「できもの」に小さな針を刺したり、場合によっては太目の特殊な針を使って、「できもの」から細胞や組織を採取します。
その細胞の形や種類、変化の状態から診断を行えるものがありますし、そうでないものは採取した組織に病理検査を行います。
五感による診察、レントゲン検査、エコー検査を全身に行い(紹介病院にてCT検査を行う場合もあります)、また血液検査等からその他にしこりや病気がないか?を調べます。
その後は診断に基づいた過去のデーターや経験からいくつかの治療選択肢を提示させて頂いています。
それぞれオーナー様と話し合いながら、ご納得のいく治療をオーナー様のご協力の下に行います。

腫瘍のバイオプシー

腫瘍のバイオプシー

顕微鏡

顕微鏡

「がん」治療

「がん」の治療には外科療法、放射線療法、化学療法、BRM療法等があります。
しかし、どの治療を行うにもオーナー様と我々病院スタッフ、ワンちゃん、ネコちゃんたちが一緒になって立ち向かわないとその効果は期待できません。

外科療法
根治(完全に治せる)が期待できる治療法です。
または根治ができなくても緩和(体調を良くしてあげる)を目的として今後の生活を楽にしてあげる場合にも行います。
化学療法

当院で用いる主な抗癌剤

当院で用いる主な抗癌剤

いわゆる抗癌剤を使った治療法です。
根治は期待できませんが全身療法となり、全身に広がった癌にたいして行う治療法です。
抗癌剤と聞くと副作用をご心配されるオーナー様もいらっしゃいますが、当院ではできるだけ副作用で体調を崩させないケアを心がけております。
放射線療法

局所で外科療法が困難な場合や抗癌剤の効果が期待できない場合、紹介病院にて放射線療法(高エネルギーX線治療装置)を治療オプションに提示させて頂いております。
現在、高エネルギーX線治療装置による治療が行えるのは以下の施設になります。

  • ■ 日本獣医生命科学大学動物医療センター
  • ■ 麻布大学付属動物病院
  • ■ 日本大学生物資源科学部付属動物病院
  • ■ 大阪府立大学生命環境科学研究科付属獣医臨床センター
  • ■ 南動物病院
  • ■ 岐阜大学付属動物病院

「がん」の顔は画一ではありません。 診断検査や治療法も必ず決まったものがあるわけでもありませんので、常にオーナー様との話し合いの上でご納得の頂く診療を心がけております。 どんなささいな事でも構いませんのでお気軽にご相談下さい。

ページトップへ