愛知県一宮市のシークペットクリニック

診療案内
シークペットクリニック トップ > 診療案内
おすすめ情報
  • 腫瘍の治療について
  • その他の診療
  • トリミング
  • 酸素カプセル
  • アニマルドック

診療案内

一般診療、検査について

動物達がごはんを食べなくたった。
最近なんか元気がない。
散歩を嫌がる様になった。
動物病院にはさまざまな理由で動物達が連れてこられます。
彼らは言葉が話せませんので、気分が悪いとか頭が痛いとか、教えてくれる訳ではありません。
それでは僕ら獣医師が動物達の言葉が分かるのかと言われればそれも「NO」です。
やはりさまざま検査で体の状態を把握して(それでも分からない事は多いのですが)総合的に病気の状態を判断していきます。
五感に頼る診察を丁寧に行います。
最新の診断機器にはさまざまなものがありますが、その結果を判断するのは人になります。
検査数値の結果を鵜呑みにせず総合的な判断を行います。以下に当院で行う主な検査を挙げます。

血液検査

血算(百分比)生化学、凝固系、C反応性タンパクといった検査を行います。

血液検査

レントゲン検査

レントゲン検査

大型の透視付レントゲン撮影装置が設置してあります。
一般的なレントゲン撮影装置より撮影できる範囲がより広く、口腔内、鼻腔内の撮影や立位での撮影、レントゲン透視下(リアルタイムに映像が確認できる)にて正確なポジションで撮影が可能です。
骨折の治療やステント治療にも用います。

超音波検査

超音波検査

腹部超音波検査や心臓の機能検査

内視鏡検査

内視鏡検査

全身麻酔をかけて上部の消化管(食堂や胃)の状態を直接スコープで確認します。
病態の把握や異物の除去にも使用できる場合があります。

ページトップへ